読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

窓から見える空のいろ

家に居たって、日々感じることはある

イギリスの食事 アフタヌーンティはどこにある?

妄想カフェ

f:id:sontonkun:20170318195637j:plain

【 目 次 】

 

イギリスに遊学したことがあります。

知り合いのツテでホームステイ。

うわさ通り食事はまずかったです(笑)

料理はしないのがポリシー?

食事つきの契約だったのですが、

朝はシリアルを勝手に食べてと言われ、

ディナー(?)といえば、

朝出かける前に、フリーザーから人数分のステーキ肉を冷蔵庫に移しておき、

夕飯準備はそれをオーブンに入れる・・・

テレビを観ていて番組の切りのいいところで、ビーンズ(豆)の缶詰を温めて肉に添える。

奥さんが担当のときは、ジャガイモを丸ごと茹でたものが、

旦那さんのときには、全自動フライヤーで挙げたフライドポテトがつきました。

以上

ナイフを使うのは旦那さんのときのみですね~(笑)

それが基本でした。

日曜日の朝マクドナルド

夜はカクテルサラダ(解凍エビに市販のオーロラドレッシングをかけたもの)に、ローストビーフとヨークシャプディング。

これとてオーブンに突っ込むだけで、大して美味しくはないけれど、それでもこの家では特別なご馳走でした。

食べるのが結構辛かったのですが、

イギリスでは(その家族だけ?)残すのが礼儀で、

全部食べると足りなかったと思われて、次回から盛られる量が増えていく

・・・という地獄。

それを知らずに日本人の律義さで、出されたものは残さず食べたので、不味いイギリスの食事で太りました(笑)

アフタヌーンティはティバッグ

食事はダメでも、イギリスといったらアフタヌーンティ

・・・が、これもダメでした。

家庭ではティバッグと缶に入ったビスケット。

テレビを観ながらボリボリやっていました。

一体アフタヌーンティはどこにあるのか?

わたしが見つけたのはハロッズとフォートナムメイソンのティールーム。

あとは田舎に行ったときのホテルでお願いすると、ティーポットでの紅茶が出た程度。

つまり観光客向けにしかアフタヌーンティなどないのだと悟りました(笑)

日本でイメージしているアフタヌーンティは、おそらく上流階級の家庭での風習なんだと思います

当然と言えば当然・・・?

30年近く前のことですが、最近友人の娘さんがイギリスのホームステイをしたところも同じようなものだったそうです。

さすが伝統の国(笑)

もしも優雅なアフタヌーンティ付のホームステイをしたかったら、受け入れ先の家庭の吟味が必要です。

お金持ちの家庭でも、ホームスティを受け入れていることがありますから。

ケーキは甘いだけ・・・

一度だけ(ロンドンでは珍しい)おいしそうなケーキ屋を見つけ、ホストファミリーにお土産にしたことがあります。

シンプルな砂糖掛けのタルト。

ホストマザーに手渡したところ、とても喜んでもらえました。

が、出されたケーキにびっくり!

横にはバニラアイスが盛られ、タルトの上には缶詰のカスタードクリームとチョコレートシロップが大量に・・・もはやタルトの姿は見えませんでした(笑)

このアイスクリームにクリーム、チョコレートシロップ等、全部家庭に大容量でストックされているのですよね~

 


予想通りのイギリスの食生活でしたが、現地で知り合った日本人女性のホームステイ先は有名な劇作家と奥様は料理研究家のご家庭でした。

その奥様から教わった「コテージパイ」の作り方を明日紹介します!

f:id:sontonkun:20170318201414j:plain