読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

窓から見える空のいろ

家の中から見えること、日々感じること

庭のあるカフェ 夢を阻むもの

f:id:sontonkun:20170303164311j:plain

恥ずかしいほどベタな夢です。

夢見る女の子みたい(笑)

ではありますが、

老後の楽しみに思い描いているものなので、軽く聞いてください。

庭のあるカフェを運営したい

田舎に10年ほど住んでいた家があります。

今は転勤して関東に家族で住んでいます

わたしの趣味はお菓子作り

ハーブの知識が若干あるし、紅茶にも興味がある。

ごく小さい規模で、利益がでなくてもいいので、

カフェ営業も、そんなに非現実的なわけではありません。

夢を阻むもの

ただね、

その夢を阻む一番の大きな要因は

わたしが植物に嫌われているってことなんです。

 

どんな種類の鉢植えも長生きしてくれない・・・

 

水をやりすぎるのかと、控えても、

肥料が合わないのかと調整もする、

日当たりのせいかと、場所を替えてもみて

 

いろいろ気にして、手をかけるのですが

枯れる・・・

 

最近では、園芸店で欲しい鉢植えに会っても、

可哀想で買えません。

だって、うちに来たら枯れるから・・・

 

そんな自分がすごく悔しい 悲しい・・・

緑の指が欲しい

 実家の母はまるでベニシアさんのような庭をもっているんですよ。

そこだけは似たかった。

でもわたしには緑の指が無い。

植物を育てる才能を英語で「緑の指(グリーン・フィンガーズ)を持っている」と言います。
たぶんその元ネタはこの本
↓   ↓   ↓

愛蔵版は布張りで持っているだけで嬉しい。

もうすぐ春

よそ様の咲き誇るような庭を見るのは好きだけど、どこかに隙間風が吹いたようにさびしくもある。複雑です。