読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

窓から見える空のいろ

家の中から見えること、日々感じること

公文の算数は止め時が肝心⁈

公文の算数には「?」ですが

公文式 あの単調な繰り返しの計算問題は、自分的には無理。

経験がないのでとやかくは言えませんが、わたしはそろばんを習ったせいか計算力には自信がありました。

数字をみると足し算しちゃう習性が子どものころからあります。

ただし、計算力なんて、役にたつのはせいぜいスーパーでの消費税込みの計算くらいです。

消費税8パーセントになってからは、苦戦していますが(笑)

もちろん計算ができると、小学生の間は「算数得意!」という意識が生まれやすく、公文の算数を低学年からやっておくのは、プラスに働くと思います。

公文の算数、計算力と数学は別物

わたしも計算が早かったので、それだけで中学の数学までは得意科目だと思っていました。

でも高校の数学は全くの別物。

抽象概念?論理的思考?ナニソレ?ってな具合で、ちんぷんかんぷんになりました。

対して理系夫の計算力の無いこと!

はなから足し算なんてする気はなく、即電卓です。

つまり計算が早くたって、「数学ができる!」には結びつかない。

わたしの場合は、むしろその切り替えができずにつまずいた気さえします。

そんなわけで計算力強化に興味はなく、自分の子どもを公文に通わせる発想はありませんでした。

だから公文の算数 やるんだったら止めるタイミングを見極めること。

そんなふうに思います。

中学受験用の塾に行き始める小学4年生くらいで切り替えるがちょうどいいのかもしれません。

「公文の算数」得意な子が楽しく進めるのにはいい、でも「面白くない」と言うなら、適当に辞めればいいと思います。

周囲のママたち、低学年から「学習習慣をつけるため」といって、無理強いしている姿は子どもがかわいそうに見えたし、その後伸びたとも聞きません。

かえって簡単な計算が面白くなくても、学年が進んで算数好き、数学得意となる子もいっぱいいるように思います。

算数お勧め教材

現在高校生の娘には、小学4年生、5年生で、学研の「宮本式算数教室」の通信教育をやらせました。

パズル好き(=論理的な思考)こそ数学好きに結びつくのではないかと期待して(笑)

娘はそれなりにおもしろがってやってくれましたが、もう学研では扱っていませんね。

通信教育には無理なカリキュラムだったと思います。

一緒に始めた子は皆、早々に辞めていましたもの(笑)

本物の「宮本算数教室」でのモチベーションの上げ方は、たぶん主催の方の力のなせる技。

あの教材だけで、目を輝かせて取り組む子どもは少数派でしょうね。

ただし、教材はとてもいいと思います。

通信教育のように勉強の課題として届くのではなく、与え方でずいぶん印象が変わるでしょう。

今でも教材は買えます。

このシリーズ、やればホントに「賢くなる!」と思える良問ぞろい。

入門・初級編からはじめて解ける楽しさを味わってもらいたい。

対象は小学校低学年から。幼稚園児でもできる子はできる。

計算を必要としないパズルの本も多数。

低学年時に親子で楽しめれば、中学受験レベルの教材も楽しめる子になるのではないかと思います。

↓   ↓   ↓

さすがの公文・・・

世界中に広がる公文式もちろん優れたところが多いのだろうなとは思います。

ただわたしには「計算力の強化」にピンとこないだけ。

でもやっぱりあなどれない公文式

そのメソッドが意外や「英語」で強いらしい・・・

そんな話に今頃残念がっているわたし・・・そんな話はこちら↓

www.sontonkun.com