読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

窓から見える空のいろ

家の中から見えること、日々感じること

子どもから隠しておきたい本

昨日「博士の愛した数式」を紹介して思ったこと。

現在高校生の娘は、小学生頃から小川洋子の小説を何冊か読んでいます。

しかし、どうなんだろう?

小学生に小川洋子・・・の小説のなかの一部のもの。

例えば「ホテルアイリス」

↓  ↓  ↓

露骨なSMシーン・・・あるよね。それも少女と老人・・・(笑)

 

読んだことのある小説家の他の本が並んでいたら、手に取るのが自然。

小学生なら「わからない」からいいかもしれない・・・けど、中学生だとちょっと・・・

それが母親の本棚にあったりすると・・・(笑)

ちょっとヤバいかも・・・

 

というわけで、わたしにとっては執着する本ではなかったので、娘が小学生の頃、この「ホテルアイリス」は、古本として売ってしまいました。

もちろん、子どもに読まれてしまうにはマズイけど、大切な本というのもいっぱいあって、そういうのは秘密の段ボールに入れて隠しています。

 

その中に入れなかった同じ著者のこちら

↓  ↓  ↓

考えてみれば、これもヤバい小説。

隠微なフェティシズムな世界。

隠し忘れて、しっかり読まれてしまいました。

娘、小学5.6年生の頃。

気づいたら読んでいて、何度も何度も読み返していました。

部屋の隅とか家具の影で(笑)

深い意味は分からずとも、なんとなく隠微な世界は感じたのでしょうね(笑)

「わたし、この小説好き」と言われたときには、どきっとしましたよ。

ついでに明かしてしまうと、

「トーマの心臓」「11月のギムナジウム」は実家に連れていく度に繰り返し読んでいて、、娘が中学生のときから『腐る』きっかけになってしまった・・・
(↑ 意味わからなくていいです。)

 

こちらは真面目に本の紹介です

↓  ↓  ↓

www.sontonkun.com

 

ご訪問に感謝します。 ブログ村にジャンプ!お帰りにぽっちとお願いします。

いろんな考えがありますね!ポリシーある書き手揃いです にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
シンプルな思考で豊かな生活を素敵な生活実践者たちの記録 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
リアルな主婦の日常がいっぱいいろいろあるのさ女性の人生 にほんブログ村 主婦日記ブログへ